購入検討者必見!! 新型 CX-5 (KF) 徹底レビュー

シェアする

新型 CX-5 を徹底レビューしたいと思います。
以前の記事をサイトごと誤って削除してしまったんで(T_T)、まぁ納車からの感想等もまとめながら書いてみたいと思います。

新型 CX-5 (KF)スペック・・・(買ったやつ)

XD L Package
2WD (6EC-AT):¥3,299,400(税込)

主要装備
・2.2Lクリーンディーゼル
・Gベクタリングコントロール
・アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)
・パワーリフトゲート
・225/55R19 99Vタイヤ&19×7Jインチアルミホイール
・ステアリングヒーター
・全席シートヒーター
・アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フロントガラス照射タイプ/カラー)
・7インチWVGAセンターディスプレイ
・レザーシート
・レーザークルーズコントロール
・・・等々

詳しくはマツダ公式HPを参照ください。

マツダ公式サイト

エクステリア(マシーングレー)

右前


いや〜先代から比べると目がキリッとしてスタイリッシュな感じになりました。この角度からが一番のお気に入り。これに一目惚れして衝動買いしたようなものです。

右サイド

左サイド


サイドからの眺めもスマート。
先代のごっつい男らしい感じもいいんですが、全体的にやはりスマートになったという印象で個人的にはこれが好きです。

ヘッドライト


キリッとつり目www
アダプティブLEDなので自動で動きます。ちなみにエンジン音でウェルカム点灯します。

タイヤホイール


19インチのガンメタアルミホイールがLパッケージの標準です。好みはあるんでしょうがこのガンメタホイールがマシーングレーとマッチしていてカッコいい!ただ19インチはデカすぎるのではないかとも思ってします。オプションで17インチにインチダウンも可能です。

エンブレム


マツダのエンブレムですが、実はこの中にはレーザーレーダーユニットが入っています。クルコンを使うにあたって重要な場所にもなるんで、しっかり磨いとけ!(笑)

インテリア

メーター




標準的な三連メーターです。右側がインフォメーションディスプレイになっています。

ドア部スイッチ類


運転席側ドア部のスイッチですね。まだフィルム貼ったままですがピアノブラックです。惜しむらくは車速感応式のオートロックが欲しかったところですね。

エアコン吹き出し口



吹き出し口にメッキが高級感を演出します。

エアコンコントロールパネル


下がエアコンのコントロールパネル。左右独立制御可能なデュアルタイプです。
その上は前席のシートヒーターのスイッチです。

ステアリングスイッチ(左)


ボリューム操作、音楽選曲と電話の応答スイッチがあります。

右スイッチ


こっちはクルーズコントロールのスイッチですね。MODEでクルコンオン、SETで速度の設定ですね。その左の車のマークはクルコンオン時の車間距離の設定です。

ヘッドアップディスプレイ



今回からフロントガラスへ投影するタイプいなりました。写真だとみにくいと思いますがガラスの向こうの方に見えるでしょうか?肉眼だと非常にくっきり見えます。このヘッドアップには速度表示だけでなく、ナビの案内やサイドミラーの情報、標識等いろんな情報が表示されます。使ってみないとわかんないと思いますが、一回使うとほんとメーター見なくなりますよ。ちょっと驚きです。

バックミラー(防眩タイプ)


防眩ミラーになっているんで切り替えレバーはありません。眩しいと感じる光を感じると自動で反射率が変わります。右上に見えるのはETCのアンテナです。

ETC


ETCをディーラーオプションで着けると運転席のサンバイザーを開けたところに埋め込まれます。スマートでいいね。

自動運転用センサーカメラ

バックミラーの裏側のフロントガラスに自動運転のための情報収集するためのカメラ類が装着されてます。正直かなりこれが大きくて、ドラレコを設置する場所にちょっと困ります。右横に吸盤が見えると思いますが、これより上に設置すると、このセンサーが画像内に入ってしまうんで・・・もう少し小さいと良かったのに。

エンジンルーム内

エンジンルーム全景


最近の車はエンジンも綺麗にカバーされてるんでスッキリしてますね。

バッテリー


アイドリングストップ専用

オルタネーター

エンブレム


納車後の感想

静粛性
基本的に静かですね。ディーゼルということで結構ディーゼル音するんだろうなと思っていたんですが、外でアイドリングしている音を聞くと「あぁディーゼル」って思いますが、実際運転していると低速時以外は殆ど分からないですね。
踏んだ時も結構低音のいいエグゾーストノートです。個人的には好きです。

動力性能
SUVとしては全く問題ないですね。結構大きなボディにもかかわらず全くストレスなく走ります。42.8kgfというぶっといトルクでグイグイ加速します。高速だろうが坂道だろうが、加速が必要なところで物足りないと思うことが殆どありません。逆に街中ではグッとアクセルを踏み込むことがあまりないのが残念なくらいです。
ただこれもディーゼル特有なんでしょうが、出足は若干もたつき感があるのもまた事実です。慣れが必要かな。受け入れられない人もいるでしょうから試乗して実感されるのが良いと思いますね。
あとブレーキですが、もちろん効きますが、もう少し効きが良いといいかなと思います。加速性能に対しては重い車重を感じてしまいます。

ヘッドアップディスプレイ
これは前述しましたが、一回使うと本当便利だと実感すると思います。今まではコンバイナータイプだったので、焦点距離も短くあまり意味がないと思ってましたが、今回からフロントガラスに投影するタイプになったこともあり、画像も大きく焦点距離も長くなったため、運転時の視線からそんなにズラすことなく視界に入れることが出来るようになったのが大きいと思います。
表示される情報はスピード、標識、サイドミラーの情報(車があるかどうか)、ナビゲーションの案内、クルーズコントロールの設定情報等、運転に必要な情報は全て表示されるためメーターを見なくても問題なくなってしまいますね。一度実感してほしいです。

居住性
シートは一応革張りで高級感があります。また座り心地もすごくよくて長時間の運転も疲れを感じさせないよくできたシートだと思います。後席も十分な広さで大人四人がゴルフに行くのには最適ですねwww
ただ後席の肘掛にシートヒーターのスイッチがあるんですが、かなりの高確率で肘で押してしまいます。もう少しスイッチの位置を考えて欲しかったなと。
ちなみにUSBのソケットも前後2個づつついてますので、四人同時に携帯の充電も可能。
トランクルームは広さ十分ですし、リアゲートがスイッチ一つで開閉できるのは地味に便利です。

燃費
街乗りだと11〜12kmくらいですね。ディーゼルってエンジンの特性上あるエンジンがあったまって安定するまである程度の時間が必要なので、街乗りには不向きですね。
ただ高速走行するとやっぱり結構伸びます。18〜20km程度は走りますね。燃料も軽油ということで、給油時に支払う金額が安くなったのは嬉しいです。まぁガソリンエンジンとの価格差もあるんでどれくらい走れば元が取れるのかっていうのは疑問ですが。

総評


同車格の車と比べると圧倒的にコストパフォーマスは高いと思います。
外観が気にいるのであれば買って損はない車だと思いますよ!



シェアする

フォローする